就労ビザ、外国人の就労ビザ 申請・取得・更新、留学生の雇用・ビザ変更、外国会社の日本進出(会社設立、支店設置等)、入国管理局 対応ならビザ申請 .com
ビザ申請.com 東京事務所:03-6680-0097
電話相談(平日9:30〜19:00)
運営:行政書士法人A.I.ファースト
ホーム お問い合わせ サイトマップ 法人概要

人文知識・国際業務ビザ

人文知識・国際業務ビザとは、文化系(法律学、経済学、社会学その他の人文科学など)の分野に属する知識を必要とする業務または外国人特有の感受性を必要とする業務(いわゆる事務職として)で働く人のためのビザです。

主にこの人文知識・国際業務に該当するのは、外国語教師、翻訳、通訳、貿易業務、国際金融、デザイナー、建築家などがあげられます。

また、文化系の4年生大学を卒業した留学生が、その後、日本で働くために取得する在留資格は基本的にこのビザになります。

事業提携、貿易業務、外国語の指導などの業務を行っている会社、特に語学学校や貿易会社では、『人文知識・国際業務』を取得している外国人の方は重要な存在になっているようです。

人文知識・国際業務のビザを取得するための基準

1.人文知識業務の場合

従事しようとする業務について、これに必要な知識に係る科目を専攻して大学を卒業し若しくはこれと同等以上の教育を受け又は従事しようとする業務について10年以上の実務経験(大学、高等専門学校、高等学校、中等教育学校の後期過程又は専修学校の専門課程において当該知識に係る科目を専攻した期間を含む。)により、当該知識を習得していること。

2.外国の文化に基盤を有する思考又は感受性を必要とする業務に従事しようとする場合

申請人が外国の文化に基盤を有する思考又は感受性を必要とする業務に従事しようとする場合は、次のいずれにも該当していること。
翻訳、通訳、語学の指導、広報、宣伝又は海外取引業務、服飾若しくは室内装飾に係るデザイン、商品開発その他これらに類似する業務に従事すること。
従事しようとする業務に関連する業務について3年以上の実務経験を有すること。ただし、大学を卒業した者が翻訳、通訳、語学の指導に係る業務に従事する場合は、この限りではない。

3.申請人が日本人が従事する場合に受ける報酬と同等以上の報酬を受けること。


上記の基準を満たすことが申請の際に証明できれば、技術のビザを取得することができます。


人文知識・国際業務ビザでよくあるご依頼

  1. 外国語教師を新たに雇い入れるケース
  2. 通訳者・翻訳者を雇い入れるケース
  3. 貿易関連の事務員として雇い入れるケース
  4. 文系の留学生を採用するケース
ビザ申請.comでは、ビジネス関係のビザ取得を専門とする行政書士が人文知識・国際業務ビザ取得に関する手続の一切のお手伝いいたします。お気軽にご相談下さい


人文知識・国際業務ビザ申請サポート

  1. 海外から招へいする場合
    216,000円(消費税込み)

  2. 技術ビザの更新(前回更新時と同じ会社で更新)
    108,000円(消費税込み)

  3. 技術ビザの更新(転職を伴う場合)
    162,000円(消費税込み)

  4. 留学ビザから技術ビザへの変更
    162,000円(消費税込み)

※ 複数人まとめてご依頼いただく場合、費用はディスカウントさせていただきます。


人文知識・国際業務ビザのお問い合わせ、ご相談はこちらから

  • お電話でのお問い合わせ、お打合せのアポイントなど
    TEL:03-6680-0097

  • メールでのお問い合わせ、ご相談
    こちらのフォームをご利用下さい。
    フォームが作動しない場合は、info@gyosei-shosi.comをご利用下さい。


就労ビザ手続き概要



プリンタ用画面
友達に伝える

お電話でのお問い合わせ 03-6680-0097
メールでのお問い合わせ

〒101-0041 東京都千代田区神田須田町一丁目5番地 翔和須田町ビル6階
電話番号 03-6680-0097

E-mail:info@gyosei-shosi.com  アクセスはこちら